「幸運」は好きかな?嫌いかな?いろいろ思いがあるかもだけど、そんなに悪くないよね、「乙女」って。そう思わない?

ノリノリで歌う兄弟とオレ

天と地にざわめく強い風
■HOME

月が見える木曜の夜に熱燗を

去年の暑い時期、冷房の効いた部屋の中で冷えた飲み物だけ飲んでいた。
私は暑いと熱中症にかかっていたので、水分を取り入れることが大事だと思ったからだ。
冷えた室内で、薄着、そしてレモンティーにアイスコーヒーで涼しさを求めた。
だから、快適だと感じていた猛暑対策。
しかし、やってきた冬の時期、前の年の冬よりもさらに寒さを感じることが多かった。
オフィスを出る仕事が多かったこともあるが、寒くてなるべく部屋から出れないという状況。
なので、きっと、暑い時期の生活習慣は真冬の体調管理にもつながると思う。
たくさん栄養を取り、偏りの少ない生活を送るのが懸命だと思う。

ゆったりと吠えるあの人と失くしたストラップ
物語を読むのは域外の一つだけど全ての本が好きなはずはない。
江國香織さんの文章にとても惹かれる
もう長いこと同じ作品を読んでいる位だ。
ヒロインの梨果は、8年同棲した恋人の健吾と別れてしまうが、その原因となった華子と一緒に住むようになるという変わった物語だ。
ラストは驚きが大きく大胆な形だが最後まで読んだうえで振り返ると「確かに、そうなるかもしれないな」と思わされる。
との上、言葉選びや登場させるミュージックや、物などが洗練されている。
ミリンダが登場するとミリンダが飲みたくなるように書いてあるし、べリンダ・カーライルや古内東子といった音楽が出れば私もCDをかけてしまう。
言葉選びの方法が得意なのかもしれない。
それ以外も、「ピンクグレープフルーツそっくりの月」という表現がどこから浮かんでくるのだろう。
表現力に魅力を感じて、夜遅くに何度も同じ江國香織の本を読んでしまう。
好きな作家さんの作品との夜遅くの時間が夜更かしのきっかけかもしれない。

気持ち良さそうに吠える彼とあられ雲

とある難しい内容の仕事が舞い込んできたとき「なんとかなる」と考えていた入所当時。
その時、私たちプロジェクトメンバーのみんなが「過ぎちゃえばなんてことないよ」などあっさり取り組んでいた。
見かねた指導官の上司が発したセリフが今でも記憶に残っている。
「成功に向かって努力をして準備を進めたからこそ、終わってから無事だっただけの話。
なので、このように軽くとらえていて、偶然内容が簡単だったという意味ではありません。
過ぎてしまえば簡単だったといった言葉の裏にあるのは、それとは逆です。
甘く見ずにじゅうぶん学び準備を進めたからこそ能力が有り余って、仕事がスムーズに進んだという事を言っています。
真面目にやる気になりましたか?
なめてないで真剣に取り組んでください。」
という事だった。
そして、みんな頑張って勉強しうまく収めきることができた。

曇っている祝日の午前に想い出に浸る
オフィスで話すようになった女性がいる。
今までに出会ったことのないような女性で、彼女の話はどれも面白かった。
それに加えて、彼女は資格マニアだということ。
幼稚園教諭の免許、ネイリスト検定2級、小型船舶の免許。
トイック800点、調理師免許、危険物取扱。
公認会計士まで受かったと言っていたような・・・。
さすがにこのことを親友に話してみたところ、あなたの勘違いじゃないかと思う、など言われたけれど。
彼女は、かなり年上の上司と職場結婚で寿退社していった。

雲が多い月曜の夜は散歩を

昔よりNHKを視聴することが大変増えた。
昔は、母親や叔母が見ていたら、NHK以外の映像が見たいのにと思っていたが、近頃は、NHKが嫌ではない。
若者向きのものがたくさん少ないと思っていたけれど、ここ最近は、若者向きのものも以外と多いと思う。
それとともに、かたい内容のものも好んで見るようになった。
そして、暴力的でないもの番組や息子に悪影響が大変少ない番組がNHKは多いので、子供がいる現在は見やすい。
民放では、アンパンマンでさえすごく暴力的に見える。
毎回殴って解決だから、子供も笑いながら殴るようになってしまった。

息もつかさず吠えるあの子と読みかけの本
夏季で催しがめっちゃ多くなり、最近、深夜にも人の往来、車の往来がとってもたくさんだ。
かたいなかの奥まった場所なので、平素は、夜分、人通りも車の通りもそんなにないが、花火大会や灯ろう流しなどがされていて、人の通行や車の通行がめっちゃ多い。
いつもの静まり返っている深夜が妨害されてちょっと耳障りなことが残念だが、通常、エネルギーが僅少な農村がにぎやかさがでているように見えるのもまあいいのではないか。
周辺は、街灯も無く、真っ暗なのだが、人の往来、車の往来があって、にぎやかさがあると陽気に思える。

勢いで熱弁する兄さんと気の抜けたコーラ

人類の大半は水分という調査もありますので、水の摂取は人の基礎です。
水の補給をしっかり行い、一人一人が健康的で楽しい夏を過ごしたいものです。
輝く日差しの中から蝉の声が聞こえるこの頃、いつもはそんなに出かけないという方でも外に出たいと思うかもしれません。
すると、女性だと紫外線対策に関してマメな方が多いのではないでしょうか。
暑い時期の肌のケアは秋に出るという位なので、やはり気になってしまう所ですね。
そして、誰もが気にかけているのが水分摂取についてです。
もちろん、普段から水分の過剰摂取は、良いとは言えないもののこの時期ばかりは少し例外かもしれません。
どうしてかというと、多く汗を出して、気付かない間に水分が抜けていくからです。
外出した時の自身のコンディションも関係するでしょう。
ひょっとすると、自分自身が気づかないうちに軽度の脱水症状や熱中症にかかる可能性もあるでしょう。
夏の時期の水分補給は、次の瞬間の身体に表れるといっても過言ではないかもしれません。
少し外へ出るときにも、小さなもので大丈夫なので、水筒があれば非常に経済的です。
人類の大半は水分という調査もありますので、水の摂取は人の基礎です。
水の補給をしっかり行い、一人一人が健康的で楽しい夏を過ごしたいものです。

どしゃ降りの祝日の深夜に椅子に座る
某芸能人が引退記者会見みたいで、報道で大量に扱っていますが、めちゃめちゃすごいなと思う。
次の総理がどういった人に決定するかという話より報道では順序が前だったし。
どの人が日本の総理大臣になっても変化しないと思う人も非常に存在するし、それよりは有名芸能人が芸能界を突然引退表明!!というほうが何かしら影響がでそうなんですかね。

そよ風の吹く日曜の午後にシャワーを

数年前の夏、私は彼氏と、東京からレンタカーを使って、茅ヶ崎に行ってみた。
それは、大好きなデジタル一眼で海岸を撮影するためだったけれど、なかなかうまく撮ることができない。
浜辺は久しぶりだったので、撮影に飽きると裸足になって海に入りはじめた。
だんだん飽きてしまい、浜辺で棒崩しをしはじめた。
そこまでは、たぶんそばに置いていたCANONの一眼レフ。
めいっぱい遊んで、帰る途中、GSでデジタル一眼がない事にショックを受けた。
がっかりして部屋まで戻ったけど、思い出すと、とてもさみしかったのを覚えている。
たくさんの写真が入った私のデジタル一眼、現在はどの場所にあるんだろう?

余裕で叫ぶ子供と季節はずれの雪
かつて、両親は、私の人付き合いに対しあからさまに無理を求めてきた。
平均から離れては良くない、など。
とっても生きづらい過去だったと思う。
学校が終了すると、毎回偽りの自分をハキハキと母に話す。
そうすると、安心しているのだ。
少し目立つと、浮く。
そんなことばかり頭にあった学生時代の私と父と母。
可哀そうな話だと思う。

TOP

コンテンツ

Copyright (C) 2015 天と地にざわめく強い風 All Rights Reserved.