皆さん、「音楽家」について考えてみよう。険しい顔するほど頭を抱え込む問題ではないと思うんだよ、「発明家」の特色って。

天と地にざわめく強い風
■HOME

陽の見えない休日の明け方はカクテルを

小説家、太宰治の「斜陽」大ファンの私は、静岡にある安田屋旅館に向かった。
連れとして太宰をよく読む親友。
ここ安田屋旅館は、太宰治が斜陽の章の一部を集中して書くために泊まった港町にある旅館。
階段を進むと、ギシギシと、聞こえる。
宿泊のついでに見せてもらったのが、彼が宿泊した2階にある角部屋。
富士山が少しだけ、頭を見せていた。
すぐそばの海にはいけすが作られていた。
このあたりは見どころが大いにある。

雨が降る土曜の夜明けはひっそりと
チカコの住まいのベランダにて育てられているトマトは、かわいそうなミニトマトなのかもしれない。
ぎりぎりまで水分を与えなかったり、たまにコーヒーを与えてみたり、野菜ジュースを与えたり。
酔った私と彼女に、ワインを飲まされたこともある。
育ての親である友人は、今度ぜひトマトジュースを与えてみたいという。
もうトマトの意思は完璧に関係ない。

具合悪そうに体操する彼とオレ

個々で、好きなものや好みがあると思うけれど、どんな感じかリサーチするのが大好き。
仲の良い子に質問してみると、まとまったお金、パステルカラーのランジェリーお母さんの事が大好きとの事。
さらに、男性の血管の出た手。
それと、ヨーロッパ系言語の響き。
自分には理解できない。
りんごあめ、肌に直接厚手のニット、香水、ハイトーンヴォイスな男女が好きだと、話してみた。
なかなか理解不能だと言われた。
まさにこれが、フェチという部類だという。

雨が降る祝日の明け方にカクテルを
先日、明日香と麻衣子と旅に行ってきました。
麻衣子と明日香は、私の短大の同級生で、一緒に学んだ仲間です。
しかも、力を入れていたのがトラベル全般とトイックだったので、旅行が趣味だという生徒たちでいっぱいでした。
特に、明日香と麻衣子を含む仲良し6人でさまざまな地へ宿泊した思い出は懐かしい。
私は今までそれほど友達が多い方でもないし、しかも十分だと思っています。
なので、めちゃくちゃ嬉しい言葉だけど、すぐ横で麻衣子が満足そうな雰囲気だったのも喜ばしい事でした。

熱中して泳ぐ弟とよく冷えたビール

先月まで完全に存在を知らなかったが、オムツのまま水に入れるなるものが売っていた。
都市部では、水用オムツ着用で入れる所と入ってはいけないところがあるらしい。
必ずや、赤の他人からは、もれないオムツでもうんちなどふくまっているオムツで水に入られたら、それはそれはいやだろう。
しかしながら、親だったら、入れてあげたいと考えてしまう。
だけど、立場が逆だとしたら非常にいやだ。

そよ風の吹く祝日の明け方は足を伸ばして
大学生の頃、株の取引に関心をもって、購入しようかと考えてたことがあるのだけれども、たいしたお金ももっていないので、購入できる銘柄は限られていたから、ほとんど魅力的ではなかった。
デイトレードに関心があったけれども、しかし、一生懸命得た貯蓄が簡単に減るのが怖くて、買えなかった。
証券会社に口座は開いて、貯金から動かして入れて、パソコンのエンター一つ押すだけで買える状態にしたけれど、恐怖で購入できなかった。
せいいっぱい、働いてためたお金だから、金を持っている人から見たら少ないお金でも少なくなるのは怖い。
けれど一回くらいは買ってみたい。

雨が上がった仏滅の夜明けは友人と

息子の4歳の誕生日が近づいているので、誕生日プレゼントを何にしようかを悩んでいる。
嫁と相談して、体で遊ぶアスレチック系か知育玩具か着るものなどにするかを決めようとしている。
考えてばかりでなかなか決まらないので、実物を見て選ぶことにしたけど、ピンとくるものがない。
けれど、子供に見せてみたら、簡単に決めることができた。
トンネルの遊具に夢中だったから、それに決めた。
ただ、今のマンションが小さいので、場所をとらないコンパクトなやつに決定した。
値段もわりと安かったので、助かった。

騒がしく熱弁する彼女と私
友達が、自分の部屋のベランダで、ミニトマトを育てている。
実がなったらトマトソースを作りたいそうだ。
実は、しょっちゅう水も肥料もあげないし、すぐそばでタバコを吸うので、トマトの周りの空気はぜんぜん良くない。
丸2日、水をあげなかったという時の、ミニトマトの見てくれは、緑色の葉がしょぼんとしていて、まさにガッカリしているシルエットに見える。
申し訳ない気分だったので、水と肥料をたくさんあたえると、あくる日の早朝のミニトマトは元気に復活していた。

どしゃ降りの火曜の昼は料理を

オフィスで働いていた時の先輩は、社長令嬢で、まさにセレブだった。
小柄で素直でハイテンションで、動物を愛する先輩。
動物愛護サークルなど設立して、それなりに運動をしている様子。
革を使用しない、お肉食べない、動物実験取りやめ賛成。
一度ご実家にお邪魔したことがあった。
一等地にある高層マンションで、皇居が見える。
その先輩、人懐っこくてきれいなシャムと同棲していた。

控え目に自転車をこぐ子供と暑い日差し
あまり、テレビドラマは見ないが、このごろ、それでも、生きていくを録画してから視聴している。
殺人犯側の親兄弟と殺された側の両親と兄達が出会ってという話の流れで、常識的にいってあるはずがない話の中身だ。
殺された小さな子の家族と加害者側の親兄弟のどちらの家族も悲しい話が出されている。
内容の中身はとっても暗いけれど、しかし、ビジュアルはきれいな雰囲気にされている。
花や自然の映像がものすごく多くて、牧歌的というのかきれいな映像がとても多い。
これから、話がどうなっていくのか想像がつかないけれど、少しでも救いがある内容になっていたらいいなと思う。

お役立ちリンクや関連リンクです。


コンテンツ

Copyright (C) 2015 天と地にざわめく強い風 All Rights Reserved.